ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

「日本の領土」国内外に示す尖閣行政標柱が完成

尖閣諸島の標柱を除幕した中山義隆石垣市長(右)=23日、沖縄県 石垣市の石垣港離島ターミナル(石垣市提供)

厳しさ増す安全保障、石垣市が国に上陸申請も許可困難

 わが国固有の領土である尖閣諸島が、沖縄県石垣市(中山義隆市長)の行政区域であることを国内外に示そうと、石垣市が島名などを刻んだ新たな標柱を製作し、8月23日公開した。今後、尖閣5島への設置に向け、国に対し上陸申請を行うが、政府は上陸に難色を示している。(沖縄支局・豊田 剛)

 中国海警局の公船が28日と29日、2日連続で尖閣諸島の領海に侵入、領海内の日本漁船に接近を試みた。尖閣諸島沖での中国公船の領海侵入は8月31日現在で28件目、日数にして35日。昨年の24件、29日を既に上回っており、安全保障環境は厳しさを増している。

 「尖閣周辺に中国公船が連日出没し、大変厳しい状況が続いている。尖閣について国民に広く正しく知ってもらうことが大切だ」

 石垣市の中山市長は23日の記者会見でこう語った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。