ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

トモダチ作戦の絆、日米で紡ぐ家族ぐるみの交流

自身が写っているトモダチ作戦10周年イベントのポスターを手にするイームス少佐=沖縄県宜野湾市(豊田剛撮影)

 東日本大震災で米軍が行った大規模な復興支援「トモダチ作戦」から10周年の節目を迎え、宮城県気仙沼市大島で6日、モニュメントの除幕式が行われた。石碑には「絆を永遠に…萬謝(ばんしゃ)をこめて」と刻まれている。

 式典には、海兵隊側のトモダチ作戦の立案者の一人で震災当時、在沖海兵隊の外交政策部次長を務めていたロバート・エルドリッヂ氏の隣に、作戦に参加した軍人の姿があった。現在、海兵隊第3海兵遠征旅団(沖縄県うるま市)で広報企画運用部長を担当するケイリブ・イームス少佐だ。

 この除幕式のポスターには、自分の背丈ほどの大きなシャベルを持つ少年に海兵隊員が寄り添う姿が写っている。イームス氏は、本州とつなぐ橋が崩壊し孤立した大島で復興作業をする中で、当時8歳だった菊田航(わたる)君と出会った。その瞬間がカメラに収められていたのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。