«
»

漂流する在日コリアン 日本と共生、“親日”傾斜も

700

日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて(11)

 日本に中長期在留する外国籍者のうち、2007年に中国人に逆転されるまで最大勢力だった韓国・朝鮮人。このうち戦前・戦後の混乱期に日本に渡って定住した人とその子孫、いわゆる「在日」と呼ばれる人たちは、かつて60万人を超えたが、現在は約36万人にまで減っている。

 在日は「隣近所、学校も職場も日本人との共生なしには一日も暮らすことができない、100%日本人との信頼関係を築いていこうという哲学」(在日本大韓民国民団関係者)で生活してきた。

 一部日本社会での差別や偏見と闘い、出自を隠すため通名の日本人名を名乗るケースも多い。どうせ日本で生きていくならと、日本人に帰化する人が後を絶たない。だが、一方で韓半島出身者としてのアイデンティティーにこだわり、韓国・朝鮮籍であることに矜持(きょうじ)を持つ人もいる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。