«
»

大事にしたい「双子の国」

300

日韓国交正常化50年 識者に聞く(7)

ソウル市立大学教授 鄭在貞氏(下)

 ――先日、朴政権になって初めて外相が訪日し、50周年記念行事には両国首脳がそれぞれの国で出席した。ただ、関係改善に対しては慎重な見方も多い。

 関係改善の兆しは見えたと言える。ただ、一挙に改善に向かうには、例えば日本側が朴槿恵政権が要求する慰安婦問題で何かしら善処しなければ難しいことに変わりはない。

 ――世論調査では日韓首脳会談を行うべきだとの声が多い。

 安倍晋三政権(第2次)誕生後、韓国人の対日感情は悪化したが、その一方で韓日関係を改善させなければならないという要求は非常に強く、その手段として首脳会談を考えている人が多い。首脳同士の相互理解と対話が不足していることが、今のような関係悪化を招いていると考えている。 隣国同士の首脳が会談できずにいるというのは、あってはならないことだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。