«
»

ポピュリズム強まる政治

300

日韓国交正常化50年 識者に聞く(4)

元駐広島韓国総領事 許徳行氏(中)

 ――反日政策を意識的に導入した盧武鉉政権から今日まで韓国の歴代大統領はポピュリズム(大衆迎合主義)的だという指摘があるが。

 大統領個人の資質の問題というよりは、韓国民主主義の発展プロセスと関係しているとみるべきだろう。まだ軍事独裁主義が終わって二十数年しか経過していない。欧米政治にもポピュリズムはあるが、例えばドイツの場合、市民社会の成熟度が高く、そういう政治家は落選させる。韓国有権者がもっとポピュリズム政治を排撃できるなら韓日関係も反日感情にこれほど左右されなくなるだろう。過去の問題があっても未来志向的に交流しようという機運が生まれるはずだ。

 ――2012年に李明博大統領(当時)が竹島に上陸したり、天皇陛下に謝罪を求める発言をしたことが、日本人の嫌韓感情に火をつけた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。