«
»

交流テーブル作りから

300

日韓国交正常化50年 識者に聞く(1)

衛藤征士郎衆議院議員(上)

 日韓国交正常化を実現した日韓基本条約が調印されて、きょうで50周年を迎える。この50年間の両国の目覚ましい発展とは裏腹に、両国関係はかつてなく冷え込み、一部では感情的対立も起きている。関係改善の糸口はあるのか、両国の有識者に聞いた。

 ――今月13日、衛藤議員が会長を務めるサッカー外交推進議連が音頭を取って、9年ぶりに第8回の日韓国会議員親善サッカーがソウルで開催された。

 8年間のブランクがあったが、今年は日韓国交正常化50周年になる節目の時なのでぜひ、従前通り、国会議員による親善交流のサッカー大会をやりましょうと、私の方から韓日友好議員連盟の幹部に申し入れた。今年1月だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。