«
»

日韓関係、「過去」乗り越え防衛協力を

ジェフリー・ホーナン氏

笹川平和財団米国研究員 ジェフリー・ホーナン氏(下)

2016 世界はどう動く-識者に聞く(20)

慰安婦問題をめぐる日韓合意をどう見る。

 ポジティブな進展だ。だが、これが本当に問題解決につながるかについては懐疑的だ。

 1993年の河野洋平官房長官談話と95年のアジア女性基金の設立は、韓国側と協議せず、日本が独自に行った。つまり、一方通行だった。だが、今回は日韓両政府が協議し、合意した。2国間合意であることは極めて重要だ。これは過去になかったものだ。

 自民党の保守派はこれまで、河野談話、村山富市首相談話を批判してきた。河野、村山両氏はリベラル派であり、我々は談話を受け入れないと。だが、今回は過去の談話に最も批判的だった安倍晋三首相が合意したため、保守派も攻撃するのが難しい。これは重要なことだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。