«
»

流血の闘争の果てに、批判への寛容学んだキリスト教

ムニール・ハンナ・アニス師

聖公会中東・北アフリカ総主教ムニール・ハンナ・アニス師(下)

2016 世界はどう動く-識者に聞く(13)

キリスト教の歴史では、宗教改革があり、聖書が批判される時代を経過して、信仰は穏健化したように思える。イスラム教にも必要なのではないか。

 キリスト教徒も数世紀前はとても、自己批判や批判されることには不寛容だったということだ。ローマ法王は、教会の教えを批判する何人かのキリスト学者を裁いた。聖公会においても、改革の歴史の中で3人の主教が十字架上で焼かれた。3人とはトーマス・クランマー師、ヒュー・ラティマー師、ニコラス・リドリー師だ。彼らはローマ法王を批判したのだ。英国のメアリー女王は、“血まみれのメアリー”と呼ばれ、ローマ教会を批判した多くの人々を処刑した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。