«
»

新次元の日米同盟 防衛産業協力が「対中SDI」に

400

2015 世界はどう動く 識者に聞く(8)

米ハドソン研究所上級研究員 アーサー・ハーマン氏(上)

 ――日米同盟の重要性をどう見る。

 日米の同盟関係は、安定した安全保障環境を創り出すために不可欠だ。太平洋地域の戦略見通しは大きな変化の瀬戸際にあり、米国は日本との関係を新たな集団安全保障体制の礎とする必要がある。

 米国の歴代政権は1980年代以降、(日本ではなく)中国に焦点を当ててきた。冷戦時代、ソ連の拡大阻止で中国と利益を共有した経緯から、最近まで中国とパートナーになれると信じていた。だが、そうではないことに気付き始めた。

 米国はまた、第2次世界大戦以降、太平洋の安定を守るための軍事的負担が、もはや米一国では維持できない現実に気付いた。中国がもたらす戦略的挑戦に対応するため、米国はパートナーを必要としている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。