«
»

疲弊する米軍 予算強制削減で能力低下

400

2015 世界はどう動く 識者に聞く(7)

元米国防副次官補 スティーブン・ブッチ氏(下)

 ――国防費の強制削減は米軍にどのような悪影響を及ぼしているか。

 国防費が予算全体に占める割合は19%にすぎないが、強制削減額の50%以上が国防費からカットされる。しかも、削減方法には制約が課され、国防総省の3大支出である給与、医療手当、退職手当には手が付けられない。残るわずかな分野で全ての削減額を引き受けなければならない。人員を減らし、訓練や改修・近代化を中止するしかない。

 例えば、空軍は近代化を優先し、即応態勢を犠牲にしている。つまり、F35戦闘機を購入するために訓練を中止している。米軍の戦闘機パイロットは他国のパイロットより、キャリア通算の飛行時間が1年長いと言われていたが、飛行を止めれば、パイロットの技術は低下する。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。