«
»

日米の対中政策 国家競争力高める戦略を

400

2015 世界はどう動く 識者に聞く(2)

米国防総省顧問 マイケル・ピルズベリー氏(下)

 ――米国や日本は中国の「秘密戦略」に気付かずに中国と付き合ってきたということか。

 米政府も日本政府も過去30年間、中国が強大化するのを積極的に支援してきた。これは公式政策だ。中国は貧しい後進国だ、平和を志向している、日米の協力を求めている、だから、我々は中国を支援しなければならない、そう信じてきた。

 中国への対外投資が最も多いのは米国企業だ。オバマ大統領も昨年11月、北京で中国の繁栄は米国の利益だと明言した。日本の外務省も、中国に米国や日本に取って代わる意図があるなどとは全く思っていない。中国政府が言うことを鵜呑(うの)みにし、中国の成長を支援し続けなければならないと決めている。

 ――中国に対する甘い思考を捨て、対中政策を改めるべき時か。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。