«
»

ディエンビエンフー ニクソンの鋭い状況判断

400

新グレートゲーム 第2部幻想だった中国の平和的台頭(7)

 ディエンビエンフーはハノイから車で半日要した。第2次大戦後の1954年、フランス軍をベトミン(ベトナム独立同盟会)軍が駆逐していった決定的な戦いとなった場所だ。今年はその60周年を迎える節目の年だ。

 町中にある「勝利の記念像の丘」に登ると、周囲をぐるりと山に囲まれた盆地であることが一目瞭然だ。

 口火を切ったのは紅河デルタ地帯を確保するのみだったフランス軍の方だった。補給能力が貧弱とみられたベトミン軍を北西部山岳地帯に誘い出し撃滅する作戦に出たのだ。

 同作戦の要となったのが旧日本軍が設営した飛行場跡があり、大規模な補給が可能なディエンビエンフーだった。

 だが、ソ連や中国はベトミン軍の後ろ盾となり、大量の武器、弾薬を補給。ディエンビエンフーを囲んだ峰々にベトミン軍の陣地が構築され、フランス軍は息の根を止められることになった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。