«
»

日韓両国民は客観的な視点を /元駐韓大使 武藤正敏氏

【関連記事】日本に関心ない文大統領 元駐韓大使 武藤正敏氏(上)

元駐韓大使 武藤正敏氏(下)

朴槿恵前政権でも日韓関係が悪い時期はあったが、「慰安婦合意」など方針転換した。文在寅大統領が前政権のように変わる可能性はあるのか。

 朴槿恵前大統領は国益を考えていた。自分が大統領でいる間は安倍政権が続くので、慰安婦の問題を解決しようと思ったら、安倍晋三首相と話をつける以外ないと考えて、ガラッと変わった。朴槿恵氏は本質的に反日ではないし、日本人の知人も多い。そこが文大統領と違うところだ。

 文大統領は今年の年頭記者会見で「日本政府がもう少し謙虚になるべき」と言ったが、謙虚になれということは、自分の言うことを聞けということ。こういう認識であれば、両国関係はうまくいかない。

今の政権では日韓関係の改善は難しいということか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。