«
»

日本に関心ない文大統領 /元駐韓大使 武藤正敏氏

【関連記事】日韓両国民は客観的な視点を 元駐韓大使 武藤正敏氏(下)

元駐韓大使 武藤正敏氏(上)

 関係改善の糸口を見いだせずに冷え込んだままの日韓。今後の見通しを、長年、韓国との外交に携わってきた武藤正敏・元駐韓国大使に聞いた。(聞き手=岩城喜之)

日韓関係は国交正常化以降で最悪と言われている。今の状況をどう見るか。

 最悪かどうかは見る角度によって違う。韓国で起きていることを見た場合、日本製品の不買運動や訪日しない運動などが起きているが、1982年の歴史教科書問題(後に世界日報の報道で誤報と判明)の時の雰囲気と比べたら、最悪とまでは言えない。

 ただ、二つの面で史上最悪になっている。一つは、日本で韓国に対する大きな反発があり、日本人が怒っていること。二つ目は、今の日韓関係を何とか落ち着かせようとする人がいないことだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。