«
»

「PCR」の感度 最大70% “無症状感染者”ウイルス拡散

謎多き新型コロナ PCR検査の“限界”と抗体検査(下)

 「早期発見、早期治療が医学界の常識」だが、症状の表れ方がさまざまな新型コロナウイルスに対する決定的なワクチン・治療薬が開発されていない現状で感染拡大を抑止するには、検査で感染者をいち早く発見し、隔離を行いつつ当人の体力・抵抗力と既存薬でウイルスを“撃退”するしか方法がない。医療法人社団JOYの伊東エミナ理事長(医学博士・エミーナジョイクリニック銀座院長)は検査の主流になっている「PCR検査」に加え「抗体検査」の利点を活(い)かした、安心できる継続的な検査体制の構築を目指している。(編集委員・太田和宏)

 全国的な感染拡大に歯止めがかからないのはなぜか? その大きな原因として、「新型コロナに感染しているが、無症状の人、すなわち“無症状キャリア”が、感染していると気付かないまま社会活動を続け、人にうつして感染を拡大させている可能性が高い」と伊東院長は指摘する。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。