«
»

急所突かれた北朝鮮

金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領

寧辺以外の核施設指摘 制裁緩和なく経済建設に支障

 予想外の決裂に終わった2回目の米朝首脳会談。今後、最大の懸案である北朝鮮の非核化や北東アジア情勢にどのような影響が出てくるのか。米朝両国と関係周辺国の立場から探った。

 「米国は寧辺核施設の廃棄以外にさらにもう一つの措置を行うべきだと最後まで主張した」

 会談決裂後、記者会見を開いた北朝鮮の李容浩外相はこう述べた。今回の会談で北朝鮮は老朽化した寧辺核施設を米国に差し出すことで制裁緩和を引き出す戦略だったとみられるが、米国は「寧辺以外の別の場所にウラン濃縮施設を発見し、この事実を突き付けられた北朝鮮が慌てた」(韓国紙・朝鮮日報)ようだ。北朝鮮としては非核化の急所を突かれたわけだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。