ワシントン・タイムズ・ジャパン

ワシントンの信念 米国の独立は「神の摂理」

デービッド・エイクマン氏

米建国の理念はどこに(1)

第1部では、リベラルな政策を推し進めるオバマ米大統領と宗教界の間で激化する摩擦の事例を紹介したが、第2部では、キリスト教を土台とする建国以来の宗教的伝統から乖離しつつある米国の姿を報告する。 (ワシントン・早川俊行、写真も)

18世紀後半、イギリスと独立戦争を戦い、独立宣言の採択や合衆国憲法制定に携わった政治指導者たちのことを、米国民は尊敬の念を込めて「建国の父」と呼ぶ。米国を地球上で最も繁栄する国家へと導く礎は、彼らによって築かれた。

建国の父たちは憲法修正第1条で国教樹立を禁じ、信教の自由を保障した。だが、米社会では今、その「政教分離」の原則を根拠に、公の場から宗教を排除するリベラル勢力の圧力がかつてないほど強まっている。建国の父たちは、教会など宗教施設の壁の内側でしか宗教表現を認めない非寛容な世俗国家を本当に理想としていたのだろうか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。