«
»

共産党と全体主義、なぜ政権取れば人権無視か

日本共産党 本部(Wikipediaより)

《 記 者 の 視 点 》

 国民民主党の玉木雄一郎代表が18日の記者会見で、同党と連合が締結した政策協定の「左右の全体主義を排し」との文言について「共産主義、共産党のことと認識している」と述べたことと関連し、共産党の志位和夫委員長に釈明したことを明らかにした。

 共産党は玉木発言が党創立99周年の7月15日に飛び出したこともあってか、小池晃書記局長らが発言の撤回を求める一方で、次期衆院選で国民現職(比例選出)が出馬する茨城5区に「対抗措置」として新人候補を擁立するなど、さまざまな圧迫を加えていた。

 玉木氏は会見で、次期衆院選は「安倍晋三政権から9年間の政治の在り方を問う選挙となる」と述べ、共産党との関係について「今の政治を変えていかなければならない、変えるのであれば野党の候補者を絞り込んでいかなければいけない、そこは一体感をもっていかなければいけない」と表明。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。