«
»

コロナ下の五輪開会式、残念だった経済界の欠席

サッカー男子4強に。ニュージーランドとのPK戦を制して準決勝進出を決め、喜ぶ吉田(右から2人目)ら=31日、茨城・カシマスタジアム

《 記 者 の 視 点 》

 東京五輪が開幕して10日。日本人選手の連日の活躍もあり、序盤の五輪は開催前の不安やトラブルを吹き飛ばすかのように、大きな盛り上がりを見せている。

 息詰まる熱戦が繰り広げられ、勝者・敗者悲喜こもごも、それぞれにドラマチックなストーリーが展開され、見る者を感動させ、夢と希望そして勇気を与えてくれている。まさに「スポーツの力」である。

 参加した選手のコメントではないが、「五輪が開催されて本当に良かった」と、心からそう思う。

 それにしても、残念だったのは首都圏の開催試合が無観客となったことである。家でもこうした感動は味わえないわけではないが、現場で得られる臨場感とは比較にならないだろう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。