«
»

「ジェンダーの視点」の歪み

結婚による女性の幸せ軽視

《 記 者 の 視 点 》

 メディアに「ジェンダー平等」という言葉が頻繁に登場する昨今だが、ジェンダーとは「社会的・文化的につくられる性別」と解説され、その不平等や偏見が女性に関わるさまざまな課題の背景にあると見るのがジェンダーの視点だ。

 分かるようでもあるし、言葉遊びのようにも感じるが、ジェンダーの視点について学ぶことは必要なことだと思い、ネットで見つけた『ジェンダーから見る日本史』という本を読んだ。

 主に女性研究者たちの手で7年前に編集された本の「ウーマン・リブとフェミニズム」という項目の中に、「中絶禁止法に反対しピル解禁を要求する女性解放連合」(中ピ連)の団体名を見つけ、数年前に取材で出会った女性のことを思い出した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。