«
»

元韓国サッカー代表・柳想鉄氏を悼む

左目の失明隠し日韓で活躍

《 記 者 の 視 点 》

 サッカーJリーグの横浜F・マリノスと柏レイソルで活躍した柳想鉄(ユサンチョル)氏が、すい臓がんで死去。6月7日、その一報が流れた時、思わず言葉を失った。享年49歳。日本と韓国のサッカー史を彩ったスター選手の早過ぎる訃報に言葉が出なかった。

 Jリーグが1991年に設立され、93年にリーグが開幕すると、ジーコ氏をはじめとした世界のそうそうたるプレーヤーたちが日本で活躍した。2000年前後には、韓国の選手たちが続々と海を渡って来た。その一人に柳氏がいた。1999年に横浜に入団。2001年に柏レイソルの洪明甫(ホミョンボ)氏(1999年入団)と西野朗監督に請われて入団した。当時の柏には洪氏のほか黄善洪(ファンソンホン)氏(2000年入団)もいた。柳氏は、柏で02年の途中までプレーし、一度韓国のプロチームに移籍。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。