«
»

ワクチン開発には国家安全保障の観点が必要だ

《 記 者 の 視 点 》

 新型コロナウイルス感染症の第4波により、東京、大阪など9都府県に緊急事態宣言が拡大され、沖縄県も加わることが決まった。変異ウイルスの拡大により、従来の対応ではなかなか抑え込めない状況となり、規制の強化と解除が繰り返される中で、国民に厭戦(えんせん)気分が漂ってきている。

 完全な鎖国や特定地域のロックダウンが不可能である以上、「集団免疫」ができるまでは、かつての日常に戻ることはできない。人口の8割、9割が感染して膨大な被害を出す前に「集団免疫」をつくる切り札がワクチン接種だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。