«
»

無料通信アプリ「LINE」問題の衝撃 

システム管理を海外委託、日本の情報管理の脆弱さが露呈

《 記 者 の 視 点 》

 無料通信アプリ「LINE(ライン)」の利用者の個人情報が、中国の企業によって閲覧が可能だったニュースに大きな衝撃が広がった。正確に言えば、システム管理を委託されていた中国企業の技術者からアクセス可能な状態で、実際に中国の技術者が少なくとも32回、日本のサーバーにアクセスがあったことが確認されているというのだ。

 このニュースが流れると一部のネット民からは、スパイ防止法の制定を叫ぶ声が上がっていた。

 日本の情報管理の脆弱(ぜいじゃく)さは、戦後直後から指摘され続けてきた問題だ。「ラストボロフ事件」(昭和29年)などを筆頭に大小さまざまな事件が起きている。また、米国に亡命した旧ソ連の国家保安委員会(KGB)のレフチェンコ少佐が「日本は活動しやすかった」と1984年に刊行された『KGBの見た日本―レフチェンコ回想録』(スタニスラフ・A・レフチェンコ著)で証言している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。