«
»

ワクチン先行接種 率先希望する医師の思い

《 記 者 の 視 点 》

 新型コロナワクチンの先行接種が17日始まった。対象は全国の病院100カ所の医療従事者約4万人。18日付本紙に掲載された医師のコメントが目に留まった。

 「接種の機運を高めるため、率先して受けた」と、東京医療センターの新木一弘院長。千葉労災病院の青田孝子副院長は「私には基礎疾患があるが、ワクチンを受けて大丈夫だと示したかった」。

 今回のワクチン接種は、感染症の蔓延(まんえん)防止のため緊急に行う予防接種法上の「臨時接種」で,「努力義務」だから強制ではない。しかし、信州上田医療センターでは、職員の8割超が希望している。筆者の知り合いの医師も「実験台みたいなものですよ」と、苦笑いしながら今後接種すると語る。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。