«
»

ミャンマーのクーデター

日本は非難と関与の2本立てで

《 記 者 の 視 点 》

 ミャンマーでクーデターが起き、国軍が政権を奪った。

 昨年11月の総選挙では、スーチー氏率いる国民民主連盟(NLD)が上下両院(定数664)で396議席と地滑り的勝利を果たした一方、国軍系野党の連邦団結発展党(USDP)は33議席と惨敗した。

 それでも国軍には、上下両院定数の25%を軍人枠とする特権が与えられ、政治への国軍関与が憲法で保障されている。それにもかかわらず軍がちゃぶ台返ししたのは、このまま手をこまぬいたままだと、圧倒的な国民の支持をバックにNLD政権によって憲法改正に持ち込まれ、軍人枠の25%条項さえも危うくなるとの焦燥感があったもようだ。

 クーデターが起きた2月1日は、総選挙の結果を受け議会が招集され、新政権発足に向けスタートを切ろうとしていた矢先の出来事だった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。