«
»

「宗教音痴」だった宗教社会学者

「知的巨人」と称されたマックス・ウェーバー没後100年

《 記 者 の 視 点 》

 マックス・ウェーバー(1864~1920)は、「知的巨人」と称される大きな業績を残した宗教社会学者で、日本にも大きな影響を与えた。それは日本人が近代合理主義を学びたいという意図からだったが、今年は没後100年で、そのような時代はもう過ぎ去ったようだ。

 記念して特集が組まれたり、出版物が出されたりしたが、筆者も妻マリアンネ・ウェーバーによる伝記『マックス・ウェーバー』(大久保和郎訳、みずず書房)を読み直した。そこからは業績だけからはうかがい知れない人間的側面が浮かび上がってきて、興味をそそられた。

 学生時代の経済史ゼミの思い出だが、文学部の女子学生がいて伝記を材料に報告した。それは経済学部の学生には違和感を感じさせた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。