«
»

ありがとう「こうのとり」 有人輸送のビジョン欲しい

《 記 者 の 視 点 》

 国際宇宙ステーション(ISS)へ物資を届ける無人補給機「こうのとり」9号機が20日、任務を終了した。2009年の1号機から9号機まで、全てのミッションをほぼ完璧にこなし、有終の美を飾った。ISSへの輸送任務は今後、21年度中に打ち上げられる後継機「HTV-X」に引き継がれるが、改めて宇宙航空研究開発機構(JAXA)はじめ多くの関係者に「ありがとう」と言いたい。

 「こうのとり」は11年の米スペースシャトル退役後、ISSに物資を送り届ける「宇宙の定期便」として世界から高い評価を得た。水や生鮮食料品も運び宇宙飛行士を喜ばすなど細やかな日本らしい気配りも示した。「世界に誇れる日本の国際貢献」だった。

 筆者は08年暮れ、筑波にあるJAXAの宇宙センターを訪ね、「こうのとり」と命名される前の「HTV」開発責任者を務めた虎野吉彦氏に取材したことがある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。