«
»

コロナ危機から見直す歴史 旧きものから新しきものへ

《 記 者 の 視 点 》

 2017年夏、東京都美術館で、ピーテル・ブリューゲルの「バベルの塔」展が開催された。この画家は16世紀ネーデルランド絵画の巨匠で、24年ぶりの来日。これをまた、ここで話題にするのは、新型コロナウイルスの世界的流行との関連だ。

 14世紀に西欧世界を襲った黒死病(ペスト)は、中世封建社会を一気に崩壊させた。疫病の大流行がもたらしたものが何だったのか、この名作はそれを教えてくれる。展覧会での見どころの一つは、15世紀から16世紀への美術史の大きな変化だった。

 それを一言で言うと、宗教画と木彫の聖像から風景画や風俗画への移行だ。信仰は習慣にすぎず、生命力がなく、代わって現世や自然界が人々の興味の的になる。この時代の世相を生き生きと描写したのは、歴史家ヨハン・ホイジンガの『中世の秋』。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。