«
»

コロナ対策の中間成績 国民に届かなかった政治の力

《 記 者 の 視 点 》

 世界的な新型コロナウイルス感染拡大という未曽有の国家的危機に直面する中で、選挙や国会内外での権力闘争とは違って「国家の意思を創造決定し、その実現に最高の指導を与える」という、本来的な意味での政治がいつになく身近に感じられるようになった。

 外国からの入国制限に加え、政府が発した全国規模のイベント自粛、小中高校の臨時休校、時差出勤・在宅勤務、不要不急の外出自粛などの要請、緊急事態宣言と各業種にわたる休業要請と支援、現金給付、緊急宣言や休業要請などの段階的な解除と新しい生活様式の要請、補正予算…。これらの全てがわれわれの生活に直結している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。