«
»

コロナ感染と差別 「正しく恐れる」難しさ

《 記 者 の 視 点 》

 私の故郷は、新型コロナウイルス感染が比較的少ない東北・宮城県だ。同県の感染者数は、88人目が報告された先月28日以来、「ゼロ」の日が続いている。当然、緊急事態宣言は14日に解除された。同県出身者としては、感染がストップしていることを嬉(うれ)しく思っているが、逆に感染者が少ないことによる懸念もある。

 同県内に住む知人と電話で話した時、彼はこんなことを言っていた。

 「もし、自分が感染したら、町の感染者第1号になる。そうなったら、その情報はたちまち地域全体に広まり、家族みんなが肩身の狭い思いをしないといけない。そこが田舎は嫌なんだよな」

 感染症と差別の問題は、人間関係の希薄な大都会であっても同じだが、東京の場合、地域の結び付きが弱い上、すでに5000人を超える新型コロナ感染者が出ており、差別や偏見の被害に遭ったとしても、田舎ほどではないだろう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。