«
»

新型コロナとの闘い 「日常」見詰め直す契機に

《 記 者 の 視 点 》

 「今度ほど、ひとの心遣いがありがたいと思ったことはない」

 東日本大震災から1カ月半経った大型連休。宮城県の被災地を訪ねた筆者に、被災した姉の言葉だ。姉家族は、自宅と家族で経営する水産加工場が津波の被害を受け、中学校の体育館での避難生活を余儀なくされていた。

 次男の嫁は、小学校に息子を迎えに行き、校舎から出た直後に津波が襲い、母子で慌てて校舎3階に逃げ戻って難を逃れた。しかし、避難先となった学校の体育館には、肉親を失い絶望の淵にある人も少なくなかった。

 そうした人たちの悲しみを思えば、家族全員が無事であることは幸運だった。そして、親族・知人、全国各地から寄せられた物心両面の支援に対する感謝の気持ちであふれ、それがやがて工場再建のためのエネルギーにつながっていった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。