«
»

米大統領の信教の自由擁護 「祈りの力」を取り戻す

《 記 者 の 視 点 》

 米ホワイトハウスの大統領執務室がまるで教会の一室のようだった。

 「君たちには祈る権利がある。それ以上に重要なものはない」

 トランプ米大統領は今年1月、生徒や教師が学校で祈りを捧(ささ)げることは憲法で認められた権利であることを再確認する通達を出した。公の場から宗教を排除しようとするリベラル勢力の影響で、生徒らの信教の自由が否定される事例が相次いでいるためだ。

 テキサス州の中学校では、交通事故に遭った元クラスメートの兄弟のために、一部の生徒が回復を願って食堂の一角で祈りを捧げたところ、校長から「二度とやるな」と咎(とが)められた。保護者が苦情を言うと、体育館など隠れて祈るように指導されたという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。