«
»

米保守主義運動の「輸入」 日本再生のヒント見いだせ

《 記 者 の 視 点 》

 トランプ米大統領の下で盛り上がる米国の保守主義運動を、日本に「輸入」しようとする動きが起きている。

 米国で毎年開かれる「保守政治行動会議(CPAC)」は、全米の活動家が一堂に会する保守派最大の集会だが、日本でも2017年から、その日本版である「J―CPAC」が開催されるようになった。CPAC主催団体の「全米保守連合(ACU)」が全面協力し、これまでにトランプ氏の側近だったスティーブン・バノン元大統領首席戦略官ら大物が講演している。CPACは日本以外に豪州、ブラジル、韓国でも開催されている。

 また、トランプ政権に近い有力保守派団体「全米税制改革協議会」も、日本の保守派と共に「日米イノベーション・サミット」と題する会議を3年連続で開いている。

 日米の保守派の連携強化が進んでいることは歓迎すべき潮流であり、日本にとって大きな意義が幾つかあるように思う。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。