«
»

南太平洋に牙むく中国 台湾総統選への影響力狙う

《 記 者 の 視 点 》

 南太平洋の島嶼(とうしょ)国、ソロモン諸島とキリバスが今夏、相次いで台湾と断交した。中国が札束外交で南太平洋の国々を取り込んでいるためだ。この断交ドミノの次の焦点は、人口わずか1万人というミニ国家ツバルだ。

 南太平洋はかつて、中国と台湾が熾烈(しれつ)な援助外交を展開してきた経緯があるものの、近年は世界第2位の経済力を身に着けた中国の札束パワーを背景に存在感を増している。オーストラリアの調査機関によると、中国は2006年からの10年間で、南太平洋の国々に17億8000万ドル(約1920億円)を援助したとされる。

 中国が狙っている短期目標は、来年1月11日に行われる台湾総統選への影響力行使だ。今回の総統選は、民進党の蔡(さい)英文(えいぶん)総統と国民党の韓(かん)国瑜(こくゆ)高雄市長との一騎打ちで争われる。争点は、ずばり中台関係だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。