«
»

トランプ氏の黒人議員批判 民主党の“不都合な真実”突く

《 記 者 の 視 点 》

 「カミングス氏がボルティモア市民のためにほとんど何もしていないことは非常に残念だ」。トランプ米大統領がツイッターで、東部メリーランド州ボルティモアを選挙区とする野党民主党のイライジャ・カミングス下院議員を非難したのは7月末のことだ。メキシコ国境の不法移民収容施設の環境が劣悪だと批判したカミングス氏に腹を立てたためだった。

 「ネズミやげっ歯類だらけの汚さだ」――。トランプ氏はボルティモアのことをこうも罵(ののし)った。収容施設に文句を言う前に、自分の選挙区の劣悪な環境を何とかしろ、そう言いたかったわけである。カミングス氏は黒人であることから、トランプ氏の発言に「人種差別」との非難が巻き起こった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。