«
»

「表現の不自由展」の陥穽 「芸術」に名借りた政治宣伝

《 記 者 の 視 点 》

 脅迫を含め、抗議が殺到したことで、開催早々に中止に追い込まれた国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」。芸術祭の実行委員会会長を務める大村秀章・愛知県知事は「テロに屈したとは思っていない。安全・安心に運営して、多くの人たちに楽しんでいただくことが一番大事」と、中止の理由を述べた。

 だとすれば、まず問われるべきは、企画そのものが芸術祭のあるべき姿から考え、市民が安心して楽しめる内容だったのかどうかだろう。これは「表現の自由」への抑圧以前の問題である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。