«
»

巨人・中国の金融リスク 不良債権膨張で危機寸前

《 記 者 の 視 点 》

 国際通貨基金(IMF)は先月10日、金融安定性報告の中で「金融リスクの脆弱(ぜいじゃく)性が高まっている」とした。新興国からの資金流出や中国の不良債権急増が主因だ。とりわけ懸念されるのが、昨年来の米中貿易戦争などを契機に中国景気が急減速する中、金融機関の不良債権が急増する中国金融危機リスクだ。

 そもそも中国経済全体が抱える債務は巨額だ。米ブルームバーグによると2017年時点で、中国全体の負債額は32・5兆元(約536兆円)と国内総生産(GDP)比で256%と急増、10年間で4・4倍に膨れ上がっている。内訳は政府が47・0%、家計が48・4%、企業が160・3%と約6割を企業負債が占める。民間債務残高の対GDP比では、日本のバブル期を上回る水準にまできている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。