«
»

グローバリズムと国家 国民主権を守るトランプ氏

《 記 者 の 視 点 》

 日本ではほとんど知られていないが、トランプ米政権のホワイトハウスで読まれている一冊の本がある。保守系シンクタンク、ハドソン研究所のジョン・フォンテ上級研究員が2011年に出版した『ソブリンティ・オア・サブミッション(主権か服従か)』である。グローバリズムから国家主権を守る重要性を説いたものだ。

 この本は、トランプ大統領の国連演説に大きな影響を与えたとされ、トランプ氏は国家主権を意味する「ソブリンティ」「ソブリン」という単語を一昨年の国連演説では21回、昨年は10回使っている。

 昨年、フォンテ氏にワシントンでインタビューした際、同書を贈呈された。450ページもある分厚い本で、「すべて読むのは骨が折れるな」と思ってしまった。だが、フォンテ氏によると、この本で言いたかったことは、2語で要約できるという。その2語とは「フー・ディサイズ?(誰が決めるのか)」だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。