«
»

米「失望」で勢いづく中韓、首脳会談へ道険し

内外に課題山積の安倍政権

内外に課題山積の安倍政権

デフレ脱却へ物足りない成長戦略、TPP交渉

負けられぬ選挙 名護、東京

 安倍晋三首相の昨年末の靖国神社参拝に始まった歴史認識問題をめぐり、米国の積極姿勢を控える態度が明らかになってきた。米国の失望の思いは変わりないが、深入りは問題解決を遠のかせると判断、当面、当事者である日中韓3カ国に自主的な対話を促す形勢だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。