«
»

一番注目するべきは自民党・希望の党・維新の会で三分の二以上の議席を獲得するか否かである

 読売新聞の調査では比例選投票先は自民が33%、立憲民主17%、希望13%である。

 終盤に入り、立憲民主の勢いが増し、野党の第一党には希望の党ではなく立憲民主党ではないかと予想をしている。マスコミは希望の党と立憲民主を話題にしているが日本政治全体から見れば大した問題ではない。

 注目するべきは、公明党を抜いた、自民党・希望の党・維新の会の保守三党で三分の二以上の議席を獲得するか否かである。
 公明党は創価学会と言う宗教団体の政党であり、保守政党ではない。自民党と共闘する前は革新政党の一翼を担っていた。自民党の味方であるようにみせながら自民党の足を引っ張る政党でもある。特に憲法改正においては自民党とは反対の立場にある。

 公明党を抜いた自民、希望、維新の保守三政党が三分の二以上の議席を獲得すれば、憲法改正への道が大きく開かれる。また、安保法制や北朝鮮問題なども安倍政権のやりたいことができる。
 
 三分の二議席を保守三党で占めることができれば、もし、自民党の失政が続いて国民の支持を失った時には東京都議選で自民党の票が都民ファーストに流れたように希望の党、維新の会に票が流れるだろう。そうなれば希望、維新二政党の連携で与党になれる。保守三党で三分の二以上の議席を獲得するということは自民党か希望の党・維新の会のどちらかが政権党になることになるのである。

 読売の調査では、18~29歳の層は自民党支持が49%を占めている。30~40歳でも自民党支持が他党を10ポイント以上も引き離している。
 希望の党、維新の党も若い世代に支持される政策を出し、自民党と競えば常に保守三党が三分の二を占めることができるだろう。そうなれば共産党、社民党、立憲民主党は常に三分の一以下の少数野党になる。そうなれば左翼三政党が政権を握ることは不可能であることを国民が認識するだろう。ますます左翼三党への支持は減っていくだろう。

 保守三党が三分の二を占めるようになれば、選挙では常に自民党かそうでなければ希望の党+維新の会が過半数の議席を獲得して、政権を握ることができる。これが二大政党時代の始まりである。

 自民党が若い人たちに支持されているということは将来的にも支持が拡大するということである。
 若い世代は保守的というより、現実的といったほうが適切である。アベノミクス効果を素直に肯定し、北朝鮮危機を直視している。憲法九条が日本を守っているのではなく、自衛隊と米軍が守っているという事実を現実として認識しているのである。

 自民党、希望の党、維新の会が若い世代の支持を中心に、三分の二以上のの議席を獲得するかどうかが今度の衆議院選挙で一番注目するべきことである。


「沖縄に内なる民主主義はあるか」より転載
http://hijai.ti-da.net/

9

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。