«
»

小池氏、都知事と党代表両立は不可能か-希望の党結党

  小池百合子東京都知事が代表を務める「希望の党」は27日午前、都内のホテルで結党の記者会見を開き、小池代表が「しがらみのない政治、大胆な改革を築いていく新しい政治。日本をリセットするために希望の党を立ち上げる」と宣言した。
 会見には小池氏のほか、若狭勝衆院議員、細野豪志元環境相、長島昭久元副防衛相、中山恭子前日本のこころ代表(参院議員)、行田邦子参院議員など国会議員14人が参加。細野氏が「寛容な改革保守政党」「情報公開を徹底」「現実的な外交・安全保障」など6項目の党綱領を発表し、若狭氏が結党を宣言した。

 小池代表は、自らの衆議院選挙への立候補は否定した。ただ、都知事としての公務を理由に途中で退席。今後、都知事と代表の両立出来なければ、それを理由に衆院選出馬を言い出しかねない。
(宗村興一)

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。