ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

衆院選の結果は辺野古に全然関係ない

 沖縄タイムスは10月の衆院選の議席が辺野古に影響すると報じているが、沖縄タイムスの指摘は間違っている。

 名護市長選、県知事選、衆議院選と辺野古移設反対派が全勝したが、辺野古基地建設工事は順調に進んでいる。辺野古移設は県知事選前に決まっていた。だから、辺野古移設反対の翁長氏が知事選に勝っても辺野古移設が中止されることはなかったし、衆議院選で辺野古移設反対派が4小選挙区で勝利しても辺野古移設建設への影響はなかった。

 過去も選挙と辺野古基地建設は関係がなかったように今度の衆議院選の結果も辺野古基地建設は関係ない。建設工事は予定通り進んでいくだけだ。

 そういうことである。


「沖縄に内なる民主主義はあるか」より転載
http://hijai.ti-da.net/

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。