«
»

4年連続100兆円超予算で財務省に「水膨れ」と厳しい査定求めた各紙

◆借金大国は事実誤認

 各省庁からの2018年度予算概算要求が8月末に締め切られた。一般会計の総額は100・9兆円程度で、4年連続で100兆円を突破した。

 以下に、各紙社説の論評として見出しを列挙するが、総じて厳しい内容が並んだ。8月31日付東京「まだ青天井続けるのか」、9月1日付読売「『人づくり』の中身が問われる」、日経「水膨れ予算に諮問会議は歯止めかけよ」、毎日「危機感の欠如にあきれる」、3日付朝日「『歳出改革』やれるのか」、産経「歳出改革の手を緩めるな」――。

 東京が言う「青天井」とは、「安倍政権特有の歳出上限を設けない」手法を指す。同紙も記すように、最近の概算要求は各省庁の予算で裁量的経費の要求を前年度比10%減とすることで計1・5兆円程度削減し、これとは別に政権の目玉政策の推進に「特別枠」(約4兆円)を設けている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。