«
»

都議選で自民大敗、ここを先途とばかりに政権批判畳み掛ける朝日

◆本音が覗く各紙社説

 「小池系が過半数 自民惨敗」(日経)

 自民党は過去最低だった38議席をさらに下回る23議席という歴史的惨敗。代わって小池百合子都知事率いる地域政党「都民ファーストの会」が49議席を獲得して都議会第1に躍り出るとともに、与党を形成する公明党(23議席)などと合わせ64議席の過半数を大きく超える79議席を確保したのが、この2日に行われた東京都議会議員選挙(定数127議席)の結果である。

 これを伝える翌3日付の新聞は、どこも冒頭の日経のように第1面トップは一様に「小池勢力過半数」確保と「自民惨敗(大敗)」の大見出しが躍っている。それが社説(主張)となると、各紙の視点の違いが浮き彫りになってきて、そこに本音が覗いているのが興味深い。社説タイトルは次の通りである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。