«
»

自民党は有権者から大目玉を喰らったが、小池さんが引っ込んだから立ち直れるのではないかしら

 歴史的な大敗を喫した、という事実には変わりがないが、どうやら小池さんは自民党をこれ以上追い詰めるつもりはないようである。

 自民党都連の宿年の癌を取り除けたから、当面はこの程度でいい、と見切ったようである。
都民ファースト大勝の翌日に都民ファーストの代表を降りてしまうというのだから、都民の皆さんは狐に鼻をつままれたような感じだろう。
小池さんという看板があったから都民ファーストの候補者に投票したのに、小池さんは看板だけでした、などということになったら、騙された、これ、投票詐欺なんじゃないの、と騒ぎ出す人がいてもおかしくない。

 唖然として口が塞がらない人が多いかも知れない。

 小池さんはあくまで都知事としての小池さんであって、都民ファースト代表の小池さんではなくなった、ということだ。

 小池さんがいない都民ファーストは、烏合の集団にならざるを得ないところがある。
どなたかが早めに手を打たないと、都民ファーストの中での離合集散が始まってしまう。
扇の要を取り除いたようなものだから、要に人を得ないとあっという間にバラけてくる。

 自民党にとっても民進党にとっても再生の芽が出てきた、ということだろう。

 このチャンスを活かさない手はない。

 まあ、このチャンスを活かす知恵も力もないようであれば、救いようがないのだが。


「早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」」ブログより転載
http://ameblo.jp/gusya-h/

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。