«
»

野党の女性議員よ恥を知れ!いや、男性議員こそ人として恥ずかしい。

 参議院でテロ等準備罪の法案審議が始まり、
その審議のひどさにびっくりしたのが昨日でした。

 何?あれ! 民進党の真山勇一議員。
日本維新の会の東徹議員の質問中に問責決議を出すなんて、非常識にもほどがあります。
 何年議員をやっとるんじゃ!この○○!と、言いたくなりますよね。
民進党の執行部の指示があったとしても、いさめるくらいできるでしょうに。

photo

 そして、今度はこれですよ!
地方と国との違いはありますが、
同じ政治の場にいたものとして、こんなに情けない政治家が国を動かしているかと思うと、
怒りで思わず拳を握りしめてしまいます。

 また出た「女の壁」作戦! 民進・芝博一幹事長代理は「足を踏むな」と衛視に逆ギレ

・・・(転載ここから)・・・

(産経ニュース 2017.6.14 18:59更新 記事一部引用)

http://www.sankei.com/politics/news/170614/plt1706140038-n1.html

 「女性前! 女性前!」
山本順三委員長(自民)の入室を阻止しようと、野党側がまず展開したのは「女の壁」作戦だった。平成27年9月の安全保障関連法の参院審議の際に、男性の衛視が体に手を掛けて移動させることが難しいという理由から用いられた手法だ。

 ・・・(転載ここまで)・・・

なんと恥ずかしい人たちなのでしょうか。

 >「女性前! 女性前!」

 女性を盾に男性衛視を近づけさせないようにするとは、なんと卑劣なことを!
日頃から女性の人権問題を声高に叫んでいるくせに。誰でしょうね。この言葉を発したのは。人としてあまりにも恥ずかしい!
また、私たちの出番と、嬉々として出ていく女性議員も、自ら女性の「性」を売り物にしていることを恥じなさい!
恥という概念も持っていないのかもしれませんね。あ
何しろ、二重国籍でもしらーっと国会議員を続けてきた人が党首ですし。

 審議時間が足りないと大騒ぎしていたくせに、自ら審議をぶち壊す身勝手な民進党は国会から退場だっ!と、台所の片隅でしゃもじをふりあげ、今日も虚空に雄叫びならぬ“雌叫び”を上げている割烹着のとみよでございました。またお会いしましょう。

 ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 そうそう、奥様、お聞きになって。
この二重国籍疑惑の蓮舫代表、安保法制の採決の時には、こんなお下品なお振舞をなさっていたようですわ。
25秒ほどですから、ぜひご覧になられて。おほほ~


「『君を守る 私が護る』高橋とみよの政治ブログ」より転載
http://tomiyo.cocolog-nifty.com/blog/

5

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。