«
»

「骨太の方針」新目標に「財政健全化から逃げるな」と批判の日経・産経

◆現実的で妥当な目標

 政府が閣議決定した「骨太の方針」の財政健全化の「新目標」に、日経、産経の2紙が13日までに社説で批判や懸念を示している。

 骨太の方針は、来年度の予算編成などに向けた経済財政運営の基本方針となるもので、問題の「新目標」とは国内総生産(GDP)に対する国・地方の債務残高の比率のことである。

 骨太の方針は2020年度までに基礎的財政収支(プライマリーバランス=PB)を黒字化するという、これまでの財政健全化目標に加えて、今回新たに、先の新目標を安定的に減らすということを掲げた。

 2紙の批判、懸念は「新目標が財政健全化の先送りにつながるようなことがあってはならない」(日経)、「PB黒字化で借金依存からの脱却を図る作業が失速しないかだ」(産経)で、社説の見出しは「安倍政権は財政健全化から逃げるな」(日経11日付)、「規律を緩める理由あるか」(産経13日付)と批判的なものとなっている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。