«
»

官僚、政治家 本当にやるべき事は?

 駒崎さんの記事です。(加計学園問題、国家戦略特区が悪いのではない)本当この記事に賛同します。

 >規制を壊される側の省庁は、特区での規制緩和は嫌で、あまり理屈にもなっていない理屈を次々に繰り出しのらくら抵抗してくる

 これ全ての役所の共通行動です。それを打破するには基本長年の積み上げ、またはトップダウンしかありません。今回加計学園は両方ともあります。

 >駒崎:「なぜそんなに特区が嫌いなんです?」
 官僚:「あいつら、霞ヶ関中の嫌われ者ですよ。何も分かってないのに、人の領域に土足で踏み込んできて・・・」

 これはびっくりしました。この気持ち、専門でもないくせにいらんこと言ってくる輩に気分を害すのは基本皆同じでしょう。私もよく吠えてますw

 ただ駒崎さんに官僚が言ってしまったのは仲がいいからでしょうが、バラされた人間は懐が甘いと上から言われるかも。

 >官僚の世界には、省庁間で厳密にナワバリに線が引かれていて、それを犯すことはタブーです。

 そう縦割りなんですよ。だからなかなか変わらない。

 >「リスクを取って規制を突破しようという事業者はそもそもそんなにいない」

 そして官僚はリスクをとって動くなら、動かないことを選びます。それが今まで高度成長を続けてきた後衰退してきた日本という国なのです。

 >【安倍政権は特区の仕組みについてしっかりと説明すべき】

 本当この段落部分は拍手です。ただこれも揚げ足取られるリスクを考えて官僚が政府答弁のコントロールをされているのだとは思います。

 >安倍政権憎しでシステムを破壊するのも良くないし、一方で文書を隠したり、情報を出さず国民に説明を行わない政権側も良くありません。

 優しいですね。前半の民進党部分は政治家として全く筋違いの行動で成り立たないと思いますが。

 >報道機関も元次官の無関係なプライベートを無意味に暴いたりしないで、きちんと事実を積み上げていくべきです。

 ここも大切。面白いからと言ってわざと駒崎さんが今回言ったことを説明しないで安倍憎しばかり言うからまとまらない。それこそあれだけ騒いだ籠池さんの問題はどうなったの?

 >どうかみなさん冷静になって、議論を軌道修正していって頂けたら嬉しいです。

拍手!

 また一つ追加しておきますが、獣医が足りないというのは愛媛県の感覚で分析の結果。総理が無理やり作ったというのも関係無いし、全国で本当かどうかはやってみるまでわからないし、またそれは関係無い。

 保育士の試験を2回やった後受験者が増えたという結果はやってみて初めてわかった。つまり実行してみるまで官僚の意見なんて予想にすぎない。それは医学部新設も同じ。そして実行後失敗したら本来は反省して変更して欲しいのだけど、官僚は失敗を認めない。だから頭のいい人はリスクは取らない、行動しないとなる。


「中村ゆきつぐのブログ」より転載
http://blog.livedoor.jp/dannapapa/

3

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。