«
»

妥協せず9条改正を

 日本国憲法施行70年を迎えた5月3日、「二十一世紀の日本と憲法」有識者懇談会(通称・民間憲法臨調)が主催する第19回公開憲法フォーラムが都内で開かれた。

 会場には1000人を超える人が詰め掛けた。私も毎年、参加しているが、今年は例年以上に盛り上がりをみせた。同時にフォーラムの模様は、全国40会場にインターネット配信で同時中継された。

 フォーラムには、安倍晋三首相のビデオメッセージが寄せられた。

 安倍首相は自民党総裁としてのメッセージと断ったうえで、「日本国憲法第9条の1項、2項を残し、新たに自衛隊の存在を明記した条文を追加した憲法改正を行い、東京五輪・パラリンピックが開催される平成32(2020)年を「新しい憲法が施行される年にしたい」と明言した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。