«
»

新時代の国の理想描け

構想、哲学、信念を明確に

 「憲法は国の未来、理想の姿を語るものだ。今を生きる私たちには、時代の節目にあって、国民主権、基本的人権の尊重、平和主義という日本国憲法の基本原則の普遍的価値を深く心に刻みながら、新しい時代の理想の姿を描いていくことが求められている、それが時代の要請だ」

 安倍晋三首相は4月26日、憲政記念館で行われた日本国憲法施行70周年記念式典で述べた祝辞の一節だ。首相はこれに先立ち「(憲法施行後の)70年間で国内外の状況、情勢は大きく変化した」と述べ、具体的に「急速な少子高齢化と人口減少社会の到来」「バブル崩壊後の経済停滞」「冷戦の終焉(しゅうえん)と安全保障環境の悪化」を挙げている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。